30歳の転職者に役立つ選りすぐりの転職活動情報

*

30歳転職5ステップ

 転職の流れを知っておくことは、まさに転職活動の流れを作り、それに乗ることに繋がります。

 30歳は転職市場ではとても有利とされているものの、この流れに乗れなければ意味はありません。

 知っている人も知らない人も、ここで一度流れを確認しておくことをお勧めします。
 

転職のための準備

 転職活動の流れの筆頭となるのが、転職のための準備です。

 揺るがない信念と共に、具体的な職歴やこれまでに身につけたスキルなどを洗い出し、且つ、業界についての研究も積み重ねることが、この準備にあたります。

 すぐに行動に移したい気持ちもわかりますが、まずはここを整理してから次のステップに進むようにしましょう。
 
<参考記事>
転職計画をどうたてるのか
市場価値を把握する
転職活動を始める時期
 

転職サイトを利用しよう

 求人情報の集め方は千差万別ですが、転職希望者であれば転職サイトや転職エージェントを利用しないのは勿体ない。

 これをフル活用した上で、自分と相性の良い求人を見つけ出す努力をしてみましょう。こうしたサービスの活用は視野を広げることにも役立つはずです。
 
<参考記事>
わかものハローワークを活用しよう
転職エージェントを活用するメリット
転職サイトはスカウト機能まで使う
 

相手にわかりやすい書類作り

 応募書類はあなた自身の説明書のようなもの。どのような機能を持っていて、どのように働き恩恵をもたらすことができるのか。

 これを企業側にわかりやすく提示しなければ面接に挑むことすら許されません。それに30歳という若さを加えられれば、書類作成は完璧でしょう。
 
<参考記事>
30歳が職務経歴書で見られるポイント
覚えておきたい応募書類の送り方
 

面接の練習と対策

 面接は誰でも緊張しますし、どのような取り組み方が正しいのかわからないものです。大事なことは、企業が何を、どんな人物を求めているかを把握することです。

 つまり、客観的に見て優秀な人材でなければならないということ。練習や対策の際にはそれを常に考えながら取り組みましょう。
 
<参考記事>
面接のマナーは絶対に守る
面接でよく聞かれる質問とは
面接対策で何をしておくべきか
面接を受けたら必ず確認しておきたいことはコレ!
 

円満退職のために

 転職は社会において自分がどのような立ち位置にいるのかを意識しなければなりませんが、退職は会社における自分の立ち位置を把握しておかなければ上手くいきません。

 それにあった退職の仕方を見出し、こなしていくようにしましょう。
 
<参考記事>
入社を承諾する前に確認すべきこと
入社手続きの進め方
30歳の途中入社
 

公開日:
最終更新日:2015/10/28