30歳の転職者に役立つ選りすぐりの転職活動情報

*

30歳の途中入社

   

新入社員であることを忘れない

 キャリアを積み、順当に実績をあげてきた30歳にとって、新天地で活躍することは、自分がキャリアアップするうえでも、とても大事なことです。

 ですが、30歳で過去に職歴があったとしても、転職先では一介の新入社員にすぎません。自分流で仕事を進められるようになるのは、職場で良好な人間関係を築き、仕事できちんと成果を出してからです。

 入社後は、まず転職先の慣習に慣れることを意識し、上司や先輩の指示を仰ぎながら、やるべきことをきちんとすることを意識しましょう。
 

職場の観察を怠らない

 入社早々声をかけてくれた先輩や同僚には親しみを感じやすいでしょうし、気が付くと一緒にいる時間が増えているケースも少なくないようです。

 ですが、その結果、社内の派閥争いに巻き込まれれば、仕事でつながるべきひとと距離が開いてしまうことにもなりかねません。

 入社後3カ月は何かと注目を集めがちですから、目立つ振る舞いは避けるべきなので、雑務を積極的に引き受けるなどして、一人での多くの社員とコミュニケーションをはかり、誰が仕事ができるのか、社内で影響力が強いのかを自分なりに見極め、仕事がしやすい環境を整えていきましょう。

 - 円満退職・入社手続き

  関連記事

af9940066443l[1]
会社からの引き止め!スムーズに進める対処方法とは?

ひとまず話し合いましょう  退職願や退職届を出したら引き止められた、よし、強行突 …

入社を承諾する前に確認すべきこと

入社にあたってのチェックリストを作成しておく  30歳の転職は、その後のキャリア …

転職が理由の退職でも有給休暇は申請できるのか

 30歳で転職を考えたとき、有給休暇の買い取りをしてくれる企業に勤務していない限 …

入社手続きの進め方

入社に必要な書類とは  転職先への入社に際して、さまざまな事務手続きが行われます …