30歳の転職者に役立つ選りすぐりの転職活動情報

*

転職が理由の退職でも有給休暇は申請できるのか

   

 30歳で転職を考えたとき、有給休暇の買い取りをしてくれる企業に勤務していない限り、退職前に有給消化をしたいと考えるのは、無理もないことです。
 転職してしまえば、新しい職場や仕事に慣れるために、休日どころではなくなるでしょうから、ゆっくり休んでリフレッシュしておきたいですよね。
 有給休暇は、労働基準法第39条に定められた社員の権利であり、所定の条件をクリアしていれば、会社はその申し出を拒否することはできません。
 これは、転職のための退職であっても同様です。
 ただし、有給消化するための条件があることも、きちんと覚えておきましょう。

有給を消化するための条件とは

 社員が会社に有給を申請するときには、出勤率80%以上という要件を満たしていなければなりません。
 また、業務の引き継ぎがきちんと行われ、会社に迷惑がかからない状況になっていることが前提です。
 もし、転職を機に退職することを決意し、有給休暇を消化しようと考えているなら、退職日から引き継ぎ期間にプラスした日数分を算出し、早目に退職を申し出るのがマナーです。
 自分の都合ばかり押し通そうとすると、勤務先と退職トラブルになり、その後の転職に悪影響を及ぼす可能性があるので、注意が必要です。
 そして、会社や上司によっては、退職前の有給消化を邪魔しようとするところも少なくありません。
 上司の一存で有給申請が認められない場合は、人事部やその上の上司に話をしたり、会社全般がそういう対応をする際には、労働基準監督署に相談するという方法もあります。
 有給休暇が認められないのであれば、買い取りしてくれるかどうかを交渉してみるのも良いでしょう。

 - 円満退職・入社手続き

  関連記事

af9940066443l[1]
会社からの引き止め!スムーズに進める対処方法とは?

ひとまず話し合いましょう  退職願や退職届を出したら引き止められた、よし、強行突 …

入社を承諾する前に確認すべきこと

入社にあたってのチェックリストを作成しておく  30歳の転職は、その後のキャリア …

30歳の途中入社

新入社員であることを忘れない  キャリアを積み、順当に実績をあげてきた30歳にと …

入社手続きの進め方

入社に必要な書類とは  転職先への入社に際して、さまざまな事務手続きが行われます …