30歳の転職者に役立つ選りすぐりの転職活動情報

*

自分のスキルやキャリアは整理できていますか?

   

①自分のスキルやキャリアを整理しよう
 
 30歳の転職に重要なのは、これまで培ってきたスキルや豊富な経験を効率的かつ効果的にアピールすることが何より大切になってきます。中途採用市場で最も注目に値する年齢層にある30歳ですから、その注目の目を逸らさず、採用担当者の目を釘付けにするための工夫が必要となってきます。
 
 まず整理のポイントですが、転職先に魅力的に映りそうな要件についてまとめることです。自分がこれまで培ってきた経験の中で、転職先にアピールできるスキルや経験は何があるのだろう、といった視点から整理することです。
 
 具体的には「マネジメント経験」、「セールス実績」、「改善努力」、「チャレンジ」、「主な達成業務」等自由なタイトルを付けて簡潔に記載していきます。中にはスキルやキャリアといえない程度の浅い経験しかないものでもこれから深めたいと思うのならば、それについても言及します。

 例えば「まだまだ経験は浅いものですが、○○についてはとても魅力があり、これを自分の得意とすることができれば、会社に対する貢献度合いも大きいですし、それだけに遣り甲斐もありますので今後は更に経験を深めていけたらと思っています。」と面接の場等でアピールしてもいいでしょう。

②整理したものをまとめて強みを見つけよう
 これまで培ったスキルやキャリアを整理してみると、今まで気付かずにただ漫然と業務をこなしてきた自分の『証』を目にすることができます。今迄ビジネスマンとして仕事をしてきた足跡を振り返るわけですから、前向きでは見えない自分の『積み重ね』が見えてきます。
 
 この積み重ねは、要するに自分の強味といえるものです。専門性ということもできるでしょう。この専門性は、より具体的な戦力となり得ることをアピールするうえでとても重要になるものです。
 
 ですがこの専門性、普段はなかなか気付かないでいることも多いのです。ただ好きな業務、自信ある業務、慣れた業務等ということで片付けてしまいますが、『専門性』として捉えなおすと、俄然転職に際して強力なアピールポイントへと変貌するのです。
 30歳の中途戦力者を求める企業は、応募者のこうした専門性に魅力を感じるのです。その為にも単に職務経歴書を作成するだけでなく、そこから自分の強味を読み解く癖というが術を身に着けてください。転職成功の近道となる筈です。

 - 自己分析

  関連記事

no image
自分を売り込むキャッチコピーは持っていますか?

①自分のアピールポイントを整理しよう    30歳の転職ならば、10年近くの社会 …

af9940066443l[1]
目的を持った自己分析が大切!

①自己分析とは?  自己分析の真の目的は、自分がやり甲斐をもって取り組める仕事は …