30歳の転職者に役立つ選りすぐりの転職活動情報

*

前向きに活動するために必要なこと

      2014/11/04

①なぜ転職をするのか気持ちを整理しよう
 30歳で転職を考える人は多くいますが、転職を決意する前にまずは自分の気持ちを整理するのが大切です。なぜ転職するのかをしっかりと考えた上で決断しないと、後で後悔する可能性もあるのです。

 大抵転職を決意する理由としては現状に対する不満があるからだと思います。ただ、その不満の内容によっては転職しても成功しないかもしれません。現状の仕事ではこれ以上成長しない、自分の目標達成が困難なためにといった前向きな理由での転職なら良いかもしれませんが、単純に仕事がつまらない、給与が安い、上司が嫌いといった理由での転職では、転職先でも上手くいかない可能性が高いのです。

 もしかしたら転職を考えるきっかけとなった理由は、自分の努力次第で改善できるかもしれません。新しい会社での仕事は一からスタートとなるために、当然ながら現状より大変になります。それよりも努力で改善できるのであれば、転職せずに頑張ったほうが結果的に良いかもしれないのです。そのためにも、まずは自分の気持ちをしっかりと整理して考えることが大切なのです。

②前向きな気持ちで転職活動に挑む
 気持ちの整理を付けて、それでも転職活動をしようと決意したなら、前向きな気持ちで望まなければいけません。何故なら前職でのマイナスな要素を持って転職活動を行ったとしても、なかなか転職先を見つけることができない可能性が高いからです。

 新しい企業に入社するまでには書類選考や面接などがありますが、こうしたところでは、多くの応募者を見ていますので、マイナスな部分を企業に見抜かれてしまいます。そうなると採用される可能性は低くなり、結果的に転職先が見つからないといった状況になってしまう可能性が高いのです。

 それよりも明るく前向きな気持ちで面接に望めば、表情や受け答えの態度にあらわれて、採用担当者にも好印象を与えることができます。

 また、仮にマイナスな気持ちでのままで転職できたとしても、働いているうちに嫌なことがあったら、またすぐに不満を抱いて転職を考えるかもしれません。せっかく現状を改善しようと転職したのに、結果的に同じ状況となってしまったら意味がありません。そうならないためにも、転職は前向きな気持ちで活動したほうが絶対に良いのです。

 - 転職を成功させる秘訣

  関連記事

af9920054197l[1]
始めにスケジュールを立てましょう。

①転職活動のスケジュールを立てよう    転職する際にはまず始めにしなければしな …

af9920061178l[1]
円満退職で次のステップへ進みましょう

①退職は円満退職を心がけよう  転職さえ決まってしまえば、今勤めている職場のこと …